社会問題

親しくないのにタメ口になる人の心理と、親しいのに敬語を使う人の心理について

こんにちは、あきです。

  • 親しくもないのにタメ口で話してくる奴、なんなの?
  • タメ口になる人の心理について知りたい
  • 親しいのに、ずっと敬語で話してくる奴、なんなの?
  • 敬語を一向にやめない人の心理について知りたい

社会生活を送っている人にとっては、こういった疑問に直面することがあると思います。

実は、親しくないのにタメ口になる人や、親しいのに敬語を使い続けている人には明確な心理があります。

ここでは、そういった人たちの心理を解説しつつ、対処法についても述べていきます。

実際に聞いてみると「心理」というほど大げさなものではないかもしれませんが、親しくないのにタメ口になる人の心理は大きく分けて3パターンに分類され、敬語を一向にやめない人の心理は2通りになります。

親しくないのにタメ口になる人の心理、親しいのに敬語を使う人の心理について理解できる他、今後そういった相手とどう接するべきかについても分かるかと思います。

 

親しくないのにタメ口になる人の心理パターン3つについて

親しくないのにタメ口を使ってくる人の心理は、悪い面もあれば良い面もあるように思います。

にしても、初対面でいきなりタメ口を使ってくるような人に良いイメージを持つ人はそう多くないはず…。

相手と親しくなりたいと思っている

相手と親しくなりたいと思っている人は、なるべくタメ口を使って相手との距離を縮めようとします。

あき
あき
これを詐欺師が悪用しているケースもあるかもしれませんが…

相手と親しくなりたいと思ってタメ口を使う人を見極める方法としては、主に以下の3点を見ればいいのかなと感じています。(あくまで個人的な見解ですが)

  • 話している内容がまともか
  • 相手に踏み込み過ぎないように気を遣って話しているか
  • 笑顔をよく見せてきているか

どうでもいいと思っている相手に対して無神経に下ネタを話してきたり悪口を言ってきたり、相手の心にズカズカと入ってくる人もいます。

しかし、まともな神経をしていて「相手と親しくなりたい」と思っている人は、話す内容についてある程度気を付けるものです。

相手と親しくなりたい人は、初対面の人に対してタメ口をいきなり使うケースもあるかもしれませんが、相手の反応を気にしたり柔らかい言い方で接することがほとんどだと思います。

そして一番重要なのが、「自分に対して笑顔をよく見せているか」という点です。

心理学的に言われていることですが、「笑顔をよく見せる人は親和欲求が強い」という特徴があります。

親和欲求とは、誰かと一緒に居たいという気持ち。

人から好かれたい、よく思われたいという願望のこと。

笑顔をよく見せる人は気持ちにゆとりがあり、周りの人を受け入れてくれやすいです。

特に自分に対して笑顔をよく見せてくれる人は受け入れてくれる可能性が高いので、親しくなりやすいと思います。

あき
あき
あれ?そんな経験ないぞ…( ゚Д゚)

警戒心が緩んでいる

男性が異性として見ていない女性に対して何の悪気も無く下ネタを言うのと同じように、相手に対する警戒心がほとんどなくタメ口を使っているケースもあります。

こういったケースは「相手を見下している」というよりも、「相手を受け入れる態勢でいる」という見方が適切なように思います。

このように警戒心が緩んでいるが故にタメ口を使っている人の場合も、相手側に受け入れる態勢があるので、親しくなりやすい場合が多いかもしれません。

そもそも親や先生から礼儀を教わっていない、育ちが悪い

初対面の相手や目上の人に対するタメ口が「悪いこと」であるという意識を持たずに使っているケースです。

礼儀や上下関係の大切さについて親や先生からあまり注意されなかったり、教えられてこなかった人がこれに当てはまるように思います。

敬語に無頓着に生きてきたので、タメ口が普通のことであるという認識でいるので、不愉快に感じる場合にはハッキリ指摘しないと分からない相手です。

 

親しくないのにタメ口になる人のその他の心理について【敬語が苦手、めんどくさい】

上記で挙げたこと以外にも、僕が個人的に感じていることについても書いていきます。

敬語が苦手だったりめんどくさくて故意にタメ口を使う人もいます。

僕としては、明らかにこちらを見下してきてタメ口を使ってくる人が非常に不愉快でした。

相手を見下している

相手を見下してタメ口を使うケースというのは、実はそんなに多くはないようです。

しかし、僕は大学生の頃に同じ学部の人に結構ナメられていてタメ口で絡んでこられたことが多かったので、そういったケースについても書いておきます。

大学生なので同い年の人に対して最初からタメ口でも問題は無いと思うのですが、以下の理由から僕を見下していることは明らかでした。

  • タメ口を越えて汚い言葉ばかり使ってくる(2回目に接した時からずっと「おい!」とか「お前!」と言ってきた)
  • 下ネタばかり言ってくる
  • 頼み事ばかりしてくる(「お前のサークル、女子たくさんいるから俺も入れるように段取りしろよ」「明日のテストちゃんと俺に見せれるように勉強して来いよ」)
  • 人前で堂々と悪口ばかり言ってくる
  • 気安く強めに触ってくる(相手を威嚇するイメージ)

それ以外は特に話すことも無く、全く持って仲が良いというわけでもありませんでした。

背が低くガリガリに痩せており、勉強もスポーツもできず、入学初日から張り切って一人だけ金髪でピアスを付けまくっていたので、自分を大きく見せることに必死な人間だったのだと思います。

僕は1秒たりとも関わりたく無かったので、とにかく目線も合わせず最低限の返事だけで済ませるようにしました。

しかし、その後も僕の方をじっと見つめてニヤニヤとしていたり、友達でも無いのに気安く近づいてきて人の嫌がることを言ってきたりしたので、精神的に問題ありのように思います。

少なくとも、「相手と親しくなりたい」と思っているわけではないことは明らかですよね…。

当時の僕にはどうしようもありませんでしたが、今思うと、最初から馴れ馴れしく話かけてくる場合、こちらは安易にそれに乗らないことが大切なように思います。

敬語が苦手、めんどくさい

  • 敬語使うの苦手だから
  • 敬語使うのめんどくさい

こう言って親しくない相手にもタメ口を使う人もいますが、こういったケースも人間としてどうかと思いますね。

敬語が苦手というのは分からなくもないのですが、「相手に敬意を払おうとしているか」ということが大切になりますし、そういった配慮は必ず相手にも伝わります。

逆に、敬語を使っていても相手を見下している人やバカにしている人は目線や話し方でバレてしまうこともあります。

特に賢い上司なんかはそういうのすぐに分かるんじゃないでしょうかね…(たぶん)。

 

親しいのに一向に敬語をやめない人の心理パターン2つについて

初対面の相手や目上の人に対して敬語を使うのは当たり前ですが、親しくなってからも敬語を使う人もいます。

ネット上でもそうですが、こちらがタメ口で話をしても、敬語で返されると「壁を作られている気がする」「なんか他人行儀な感じがする」と感じる人も多いようです。

敬語を使うことによって、心理的距離を取っている

親しくなっても敬語を使っている人は、相手を警戒しているケースが多いです。

相手と一定の距離を保っておかないと不安になる、もしくは相手と親しくなりたくないという心理の表れです。

「あなたと親しいとは思っていない」「あなたと親しくなるつもりはない」という、心理的距離を表しています。

あき
あき
「これ以上こっちに入ってくんな!」ということです(;’∀’)

僕も相手と距離を置きたい場合には、徹底して敬語を使いたいと思っています。

学生時代にはその発想が無かったので、使う機会が無く終わってしまいましたが…。

育ちが良い

これは書くまでも無いのですが、ほんの稀に、育ちが良すぎて両親や同級生、年下の人にも敬語を使う人がいます。

こういった人はどんな相手にも敬語を使うので、「自分に対して敬語を使っているから距離を置かれているのではないか」と考える必要はありません。

 

親しくないのにタメ口を使う人、親しいのに敬語を使う人の心理を理解した上で、どう付き合うべきか

親しくないのにタメ口を使う人には注意してやめさせるべきですが、注意してもやめない場合やそもそも人間としてダメな場合は人間関係を切る必要があります。(できれば)

親しいのに敬語を使い続けている人が相手の場合は、そのままでもいいかもしれませんし、異性である場合には脈なしなので、それ以上深入りしないという選択も受け入れた方がいいように思います。

タメ口が不愉快である場合には、ハッキリと言うか付き合いをやめる

どうしてもタメ口が不愉快でやめてほしい場合には、「タメ口をやめてほしい」ということをハッキリと言う必要があります。

以下のケースに当てはまる人は、素直に聞き入れてくれる可能性が高いように思います。

  • 相手と親しくなりたくてタメ口を使っている人
  • 単に警戒心が緩んでタメ口を使っている人
  • 今まで敬語や上下関係の大切さについて意識したことのない人

脈なしである場合、それ以上関わらないであげた方がいい

相手が異性でいつまでたっても敬語をやめない場合、受け入れる気が無いので脈なしと言えます。

そういった場合にはこれ以上関係が発展することはほとんどありません。

それ以上踏み込んでも相手には受け入れる態勢が整っていないので、諦めた方が良いかもしれません。

ツイッターでも様々なテーマについて語っているので、ぜひフォロー頂けると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です