あき-こころのブログ
社会問題

女性に下ネタを言う男の心理について、実話も交えて解説します【僕は嫌いです】

こんにちは、あきです。

  • 女性に下ネタを言う男ってどういう神経してんの?
  • 女性に下ネタを振る男の心理について知りたい
  • 下ネタを言う人が嫌いで、どうにかしてほしい

こう思う女性も多いと思います。

女性に下ネタを言って喜ぶ男の心理として、心理学的には4つに分類されています。

ここでは、実際に僕の周りでも下ネタを言って喜んでいた人たちを例に出して、「女性に下ネタを言って喜ぶ男」の心理についても解説していきたいと思います。

特に4つのうち3パターンに当てはまる男はそもそも人間としてアウトなので、そういった人間とは関わらないことをオススメします。

この記事を読むことで、女性に下ネタを言う男の心理が分かり、下ネタが嫌いな方は対処法を理解することができる。かもしれません(;’∀’)

僕は下ネタ自体は嫌いではありませんが、家族や親しい友達以外の人に下ネタを言われるのは不愉快ですし、嫌いです。(親しい友達は一人もいないので、ほとんどの人から言われる下ネタが嫌いです。)

女性に下ネタを振って喜ぶ男は持っての他です。

 

スポンサーリンク

女性に下ネタを言う男の心理4パターンについて解説します

女性に下ネタを言ってくる男の心理状態はどんなものでしょうか?

心理学的には、以下の4つに分類されます。

  • 相手の女性に下心があり、様子見として下ネタを言う(下ネタを言い、女性の反応を見て性的興奮を得ていることもある)
  • 本音を話すのが苦手(自分の話や難しい話を避ける)
  • 遊び慣れた男を演出したい(こんなの逆効果なのにね…)
  • 目の前の女性を異性として見ていない
あき
あき
心理学の本にも書いてあることなので真新しい情報ではありませんが…

駆け引きを楽しんでいる、性的興奮を得ている

目の前の女性に下心があり、下ネタを振って脈ありか脈なしかを見極めているケースです。

そういった男は軽い下ネタを振ることで、「下ネタに乗ってくる女性かそうでないか」を見極めています。

言葉を選ばずに言うと、下ネタと言う軽いジャブを打つことで、「ヤレる」か「ヤレない」かを見極めているのだと思います。

あき
あき
逆効果だと思うのだがね…。気持ち悪いし。

軽い下ネタを言って女性が乗ってきてくれるようであれば、「下ネタを言い合える仲になれる」「これはイケそうだ」と勘違いしてもっと下ネタを言ってくる可能性があります。

「相手のことが好きだから下ネタを言ってくる」というよりも、「下心がある」「この女性と遊んでみたい」という方が大きいと思います。

女性が男のいいように下ネタに乗れば乗るほど、「この女だったら落とせるかも」となめられるので、注意が必要です。

遊びの対象としか見られていないケースが多いです。

女性に下ネタを言い、その反応を見て性的興奮を得ているケースもあります。

その場合は普通にセクハラなので、訴えましょう…。

あき
あき
男の僕でも訴えることできるんですかね?(笑)

本音を話すのが苦手

下ネタや人の噂話などを喜んでしゃべる反面、自分の話や真面目な話になった途端に口数が少なくなる人は、「本音を話すのが苦手」「難しい話が苦手」である場合が多いです。

本音を話すのが苦手なので、下ネタやふざけた話で場を盛り上げるのが好きな人です。

真剣な話をしたり、自分の本音を打ち明けること、沈黙が苦手なので、とにかく手軽に盛り上がれる下ネタを多用してきます。

しかし、本音を話せない人間は必ず後ろめたいことがあったり、自分自身を持っていないので、関わってもいいことは無いはず…。

遊び慣れた男を演出したい

これも本当にしょうもないことですが、見栄を張りたいがために下ネタを言う男の人もいます。

タバコを吸ったりお酒を飲んで大人ぶるのと同じように、自分を「大人として見られたい」「立派な男として見られたい」という気持ちで下ネタを言います。

このように、「遊び慣れた男として見られたい」という男性は発する言葉だけは大きいかもしれませんが、実際には見栄を張りたいだけの小さい人間であることが多いかもしれません。

あき
あき
これも逆効果なのにね…

経験のない中学生や高校生男子に多いので、吠えれば吠えるほど逆効果だと丸分かりですね…。

相手を異性として見ていない

これは言葉通り、相手を女性として見ていないので、何も考えずに下ネタを言うケースです。

男性同士で話す下ネタと同様にその女性にも話すので、何も悪気はなく、下ネタを話しているケースです。

この場合も、下ネタが不愉快であれば「嫌だ」とハッキリ言う必要があります。

このケースは一応悪気は無いので、ハッキリ言うまで相手は気付かないと思います。

 

女性に下ネタを言う男の心理について、実体験を元に分析してみます

僕は映画やドラマ、バラエティー番組で下ネタが出てくるのは好きですし、もちろん性欲はあるのですが、男性が大きい声で学校や飲み会などで下ネタを言いたがるのは気持ち悪いと思っています。

あき
あき
地上波で放送できないようなバラエティー番組はあまり好きじゃないものもあるかも

親しい友達同士であればいいと思うのですが、僕にはそこまで親しい友達がいたことが無いので、ほとんどの場合、不愉快でした。

特に、女性に下ネタを振って喜ぶのは、家族に下ネタを振って性的興奮を得るのと同じくらい気持ち悪いので、やめてほしいものです。

分析というほど立派なものではありませんが、男子中学生、高校生を経験してきた僕が周りの男を見て感じたことを書いていきます。

男子学生のほとんどは下ネタが大好きです。

これは確実です(笑)

女性の前で下ネタを言うことで性的興奮を得ている

性欲が一気に高まる中学生、高校生の頃、周りの男子たちはエロいことばかり話したり変なことをして楽しんでいることがほとんどでした。

言葉を選ばずに書くと、中学時代は以下のようなが男子がいました。

  • 教室の前に立ち、女子たちのいる前で、女性の自慰行為する姿と喘ぎ声を真似して楽しんでいた男子(これは一人)
  • 特定の女子を選び、その女子が後ろを向いている隙を狙って自分のアソコを出し、バレる寸前にしまう(これは何人かいた)
  • 女子から少し離れたところで、女子の股間に指を合わせて「ち〇こ生えてるwww」とか言って喜んでいた男子(これも何人かいた)
あき
あき

中1の頃に、ズボン下げるやつとか流行りましたね…。

何が楽しいのか未だに分かりません。

こういったケースは完全に「女性の反応を見て性的興奮を得ている」「とにかく楽しい」という心理がほとんどです。

もしくは、中学生というのは性のことを知り始めたばかりなので、未成年がタバコやお酒で大人ぶるのと同じで下ネタを言っている場合もあります。

当時の僕の数少ない友達とは下ネタを話したことはありませんが、クラスの男子の多くは下ネタが大好きだった印象があります。

下ネタがとにかく楽しい

中学時代の男子もそうですが、高校に入ってからも男子は下ネタで盛り上がっていました。

高校時代は以下のような男子がいました。

  • 週に何回オ〇ニーしてるのかしつこく聞いてくる(これが結構不愉快)
  • 週に何回オ〇ニーしてるのか英語で聞いてくる(変に賢いとこういった人間になる)
  • 女子に普通に下ネタを話している(自分が観たAVの内容を詳細に話していたりした←普通にヤバい…)
  • ち〇こやセ〇クスの話ばかり
あき
あき

これこそ言葉を選ばなくてスミマセン…。

本当はこのブログを汚したくないんですよね!でも、この辺はハッキリ書かないと伝わらない!(;’∀’)

特に高校時代の方が挙げたらキリがないほど下ネタばかりでした。

これらのケースも、ほとんどは「下ネタを言うのが楽しい」ケースだったと思います。

女子に下ネタを普通に話していた男子たちは、「女子たちの反応を見て性的興奮を得ていた」が当てはまるように思います。

一人だけ、大きな声で周りの女子を気にせずに下ネタを言う、一番成績の悪い野球部の子がいましたが、その人の場合はクラスの女子を「異性として見ていない」ケースに当てはまっているように見えました。

あくまで僕の目からそう見えただけで真実は分かりませんが…。

別のクラスだったかに彼女がいたらしいので、それも自分のクラスの女子をそういった対象で見ていない理由の一つだと思いました。

いずれにしても、高校時代の男子たちは「他の人の性事情について気になっている」という人が多かったように思います。

自分の性事情を話したり人の性事情を聞くことで楽しんでいたことも多かったです。

難しい話が苦手、自分の話を避けたがる

高校時代の男子たちは少なくとも僕よりは頭がいい人たちだったので、難しい話が嫌いな人たちではないのですが、難しい話が苦手で下ネタに逃げるような男性もいます。

大学時代はこういった男の人に出会いました。

僕が1年間だけ所属していたバンドサークルの先輩たちの話です。

僕が18歳だった頃、薬学部の26歳の先輩がいました。

お酒と飲み会が大好きで、飲み会や文化祭の時はものすごく盛り上がっていました。

26歳にしてハゲていて、見た目は50を超えたオッサンにしか見えない人でした。

この先輩の場合は難しい話や本音を話したがらないような人では無かったのですが、やはり下ネタや噂話でしか場を盛り上げられない人でした。

この人の場合はエロに貪欲な人だったので、「本音を話したくない」だけに当てはまるわけではなく、「下ネタを言うのが楽しい」という心理も混じっていたと考えられます。

僕が当時すごく「かっこいいな」と思っていてギターも上手い先輩がいたのですが、この先輩がまさに「本音を話すのが苦手」に当てはまっている人物だと思いました。

その先輩が自分の話をしたり本音を話すのを聞いたことがありませんでした。

下の名前を聞いたことがあるのですが、言いたがりませんでした。

下ネタを話したり僕のことをあれこれ聞きたがっていたのですが、その先輩のことは1年を通して何も見えませんでした。

本音を全く話さなかったり、自分のことを極度に話したがらず、相手のことをしつこく聞いてくるような人もちょっと何かありそうなので、変に関わるのは避けといた方が良さそうです。

下心がある

誰だったか忘れましたが、サークルの最初の飲み会で僕と同じ学年の女子に「下ネタどこまで大丈夫?」と聞いていた先輩がいたのですが、それもどうなのという感じがしました。

後輩の多くから嫌われていたサークルの3年生の先輩が原因で女子が3人サークルを辞めていったのですが、その先輩は自分のせいだとも知らずに女子たちを必死で引き止めていました。

とにかく新入生の女子たちに下心があるのが丸分かりで、下ネタを後輩の女の子に話すのも好きでしたし、デレデレした顔で積極的に話しかけたりしているような人物でした。

僕がサークルを辞める時は一切引き止められなかったし、僕より女子たちと親しく話したがっていました。

あき
あき
というか、誰にも引き止められなかった…。

その先輩は、自分が下ネタを話したりしつこく迫ることによって女の子たちに嫌われているのを全く自覚していない様子でした。

女性に対してしつこく迫りつつ、下ネタも織り交ぜるような人は「相手に下心がある」というケースに当てはまるので、嫌な場合にはハッキリと断るべきかと思います。

 

スポンサーリンク

女性が男の人から下ネタを振られたときの対処法について

下ネタを言う男の人が嫌いという人は多いと思います。

最後に、気休め程度かもしれませんが、女性が男の人から下ネタを振られた時の対処法について書いていきたいと思います。

可愛い女の子が下ネタを話して来たら、それは可愛くて興奮するかもしれませんが、それでもなんかあまりいい印象は持たないですね…。

ましてや、オッサンが喜んで下ネタを話していたら公然わいせつ罪並みに気持ち悪いですね。

下ネタに乗ると男は付け上がってくる

下ネタに乗らないと「この女つまんねーな」とか「男性経験が少ないんじゃないか」とか思われるかもしれませんが、そもそも下ネタを女性に振って喜んでいるような男性には好かれる必要がないので、しっかりガードしておいた方がいいです。

場の雰囲気を壊さないようにと、無理に下ネタに乗ったり笑ってごまかしてしまったりすると、相手は余計に喜ぶので、下ネタがエスカレートしていきます。

笑いながら「え~、いやだ~」とか「何言ってるのよ~」とか言ってしまうと、男性側は「これは喜んでるな」と勘違いしてしまうので、ハッキリと断ることが大切になります。

少なくとも僕は、大して親しくも無いのに下ネタを振ってくる男性に対していいイメージは残りません。

バカにされている感じや見下されたりしている感じがするので、女性が下ネタを嫌うのは無理も無いと思います。

下ネタが嫌いならハッキリと「嫌い」と言って拒否することが大切

下ネタが嫌いで本当に不愉快である場合、表情に出して拒否したり、「不愉快だ」ということをハッキリと言う必要があります。

もしくは、避けられるのであれば、そういった場は避けて問題ないと思います。

下ネタを言いまくって楽しんでいる男性ほど、自分に酔っていて周りが見えていない勘違い男です。

こういった人とは関わる理由は無いので、関係を切って問題ないです。

いずれにしても、公共の場で堂々と下ネタを話したり、女性に対して無神経に下ネタを振る男性とは付き合わない方が良さそうです。

男であっても下ネタを不愉快に思う人は多いので、やめてほしいですね。

僕は別にエロいこと自体は嫌いではないですし、男同士で下ネタを話すのは特に中学生高校生の頃ならあり得なくもないです。

しかし、それが社会人になってから下ネタばかりを喜んで話していたり女性に対しても無神経に話しているとしたら異常だと思います。

下ネタが嫌いではない女性やむしろ喜ぶ女性も中にはいるかもしれませんが、少なくとも大人であれば下ネタを不愉快に思う人に配慮するべきです。

公共の場で周りに聞こえる声で下ネタを話したり、それほど親しくもない相手に下ネタを言うのは不愉快を通り越して「セクハラ」になります。

セクハラは相手に触れるだけでなく、発する言葉によってはセクハラになることも十分にあり得ます。

なので、無差別に下ネタを振るのはやめてほしいものです。

最後に、最後の項目のまとめ的な感じです。

  • 女性が下ネタに乗ってくると男は喜んで余計に下ネタを言ってくる
  • 下ネタが嫌な場合は、しっかりと拒否する姿勢が大切

良かったら、僕が中学生の頃にされていた気持ち悪いセクハラの話も読んでいってもらえたら嬉しいです。

この男は、僕が今まで出会った中で一番気持ち悪い人物です。

男だけどセクハラをされていて心底気持ち悪い思いをしたので、具体的な内容について打ち明けます【とにかく怖い】僕は男ですが、半年以上に渡って気持ち悪いセクハラをされていたことがあります。 この記事では、男の僕が中学生の頃にされていた気持ち悪いセクハラの具体的な内容について打ち明けていきます。 男であっても、セクハラをされるのは相当気持ち悪いし怖いものです。 僕と同じように、セクハラをされて気持ち悪い思いをしている方や怖い思いをしている方の支えになればと思っています。...
スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です