社会問題

ブスなのにモテると勘違いしている女性が一定数いる理由について

ブスなのにモテると勘違いしている女性が一定数いる理由について

こんにちは、あきです。

「ブスなのにモテると勘違いしている女がいるんですよー(なーにー!?やっちまったなぁ!)」
「ブスなのにモテる女性がいるのはなぜなのか?」
「ブスなのにモテると勘違いしている女性がいるのはなぜなのか?」

この記事では、こういった疑問について答えていきます。

その前に、大切なことなので、ちょっと長めの前置きを書かせて頂きます。

今回の記事のタイトル、内容ともに不快に感じる方もいるかもしれませんが、あくまで事実として存在することや自分が率直に感じている一つの考えについて正直に書いていきます。

僕がブログで書いている記事全般に言えることですが、決して人の悪口を目的として書いているのではなく、自分が疑問に思うことや正しい考えだと思うこと、事実などをブログを使って発信しています。

そして、書くだけでは誰にも読まれないので、グーグルにこのブログ記事を認識してもらうために意図的に「ブス」や「勘違い」といった言葉をタイトルや本文に使わせてもらっています。

そういった「人が不快に思う言葉」を避けてしまうと、今度は1人としてこのブログにたどり着く人がいなくなってしまうので、敢えて「人が検索する単語」を使用しているので、この点をご了承頂ければと思っています。

他の記事でも、自分が普段は使わない「メンヘラ」「うざい」「気持ち悪い」といった単語も使っていますがしないかもしれませんが、「記事にたどり着いてもらうため」という意図があり、あくまでも内容は真面目に書いているものなので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

もちろん、個人の一意見なので、全てが正しいと思っているわけではありません。

間違っている点もあれば正しい点もあると思うので、そういったことをコメント欄で指摘なり共感なりをして頂ければと思っています。(特に今回の記事は、偏見が多いかもしれません。)

「間違っている」という意見を「誹謗中傷だ!」などとは言わないので(;’∀’)

(返信はできないかもしれませんが、ツイッターであれば返信できるかもしれません…)

ちなみに、僕は「女は敵だ!」などと思っていませんし、「男なんだから」「女なんだから」といった言葉も嫌いなので、女性だけを悪く言うような記事を書く意図もありませんのでご了承頂ければと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、本編に入っていきたいと思います。

 

ブスなのにモテると勘違いしている女性が一定数いる理由について

ブスなのに、「私って、モテるのよ~」とか「相手なんていくらでもいるから(笑)」とか「別れたら次探せばいいし」とか「私は興味ないんだけど、男が寄ってきてうざいのよ~」とか勘違いしている女性について書いていきます。

あき
あき
ゲロゲロゲロー((+_+))

自分はモテるとか可愛い(かっこいい)とか人気者だとか勘違いするのは前向きで良い方面もあるかもしれませんが、今一度、現実と向き合ってみても損はないかと思うのですが、どうでしょう…(;’∀’)

男性側からしたら数あるうちの一人でしかない

こんなことを言うと相手に失礼かつ、人を人として見ていないように思われてしまうかもしれませんが、現実として男性側はそんなに深く考えて女性に声を掛けていないように思います。

基本的に恋愛は男性側からのアプローチが無ければ成立しないことの方がほとんどなので、声を掛ける数人か数十人の中の一人の女性でしかありません。

男性はそこそこの顔だとモテないことの方が多いというか、現実として実感しているので事実だと思います。

しかし、女性はそこそこの顔どころか全然可愛くなくてもモテている人はザラにいます。

本当に失礼な話ですが、大学のサークルなんかでも可愛くなくても女の子というだけでチヤホヤされることの方が多い印象です。

女性が男性に告白する時というのは、よっぽど相手が好きな時かもしれませんが、男性から女性に告白したり声を掛ける時というのは性欲が絡んでいる場合が多いので、それを単にモテているというのも違うと思います。

モテた数は上手くいかなかった数!?

「彼氏が途切れたことがない」とか言っている人や「何十人もの男の人と付き合ってきた」「イケメンの彼氏と付き合ったことがある」と言っている人は結局、相手の男性と上手くいかなかった回数がそれだけあったということです。

決して自慢できることではないと思うのですがどうでしょう。

自分の中身が悪かったということや、遊んで捨てられたということを露呈しているようにしか思えません。

「どうせ男は若い女の方が好きなんでしょ!」という発言について

「彼氏なんていつでも作れるから」と余裕をぶっこいている人も、歳を取って魅力のないままの女性でいると、そのうち声を掛けられなくなってきて「どうせ男は若い女の方がいいんだろ!」とか愚痴っていることになります。

確かに、いい人に出会うには沢山の人と接しなければいけませんが、こだわり過ぎたり現在の幸せに満足できないのであれば結婚は難しいし、歳を取ればもっと難しくなってきます。

あき
あき
ここでは「お前が言うな」という返しはスルーします(;^ω^)

女性が歳をとったらモテなくなってくるという現象は、単に武器の一つである「性的魅力」が無くなったからであって、他に魅力を持っている女性は歳をとってもモテます。

本当に失礼な話ですが、「性的魅力」以外が無い女性はモテないし、若い時にそれでモテていた女性というのは本当にモテていたとは言えません。

 

ブスな女性がモテると勘違いしてしまう背景について

露骨に「ブス」という言葉を使って申し訳ないのですが、ブスな女性が「自分はモテる」と勘違いする背景には、男性と女性の考え方のギャップにあると思っています。

女性と男性の考え方のギャップ

現実問題として男性の方が性欲が断然強いので、そのために好きでなかったり相手が多少ブスでも、性欲のために多くの女性に目を付けていきます。

実際に、そんなに可愛くないサークルの女の子にデレデレしながら次々とアプローチしていくかっこ悪い先輩を見てきました…。

なので、女性は必然的にアプローチされる機会が多くなるし、基本的には男性から女性にアプローチするものだという固定観念があるので、男性は相手の女性がそこまで魅力的でなく第100希望くらいの女性でも声を掛けざるを得ないことがあるはず。

その一方で、女性はかっこいい男性や好きな男性がいても声を掛けない人がほとんどなので、魅力のある男性でもモテないと思ってしまう人が多いのかなという印象です。

男性はなるべく多くの女性に声を掛けなければならない

特に人一倍性欲の強い男性は100単位で声をかけているはずなので、声を掛けられたからと言ってモテているわけではないことは一目瞭然です。

数あるうちの一人でしかないので…。

女性側が勝手に「自分はモテている」と思い込んでいても自分の人生には全く関係ないので、決して「勘違いはやめろ!」と言いたいわけではありませんが、一つの考えとして捉えてもらえたらと思います。

自分も実際に一度だけをさせてもらったことがありますが、そこまで深くは考えていません。

雰囲気が多少大丈夫であれば、適当に数撃てば当たる戦法で声を掛ける男性は一定数いるので、それに当たった女性側の中には「自分はモテる」と勘違いしてしまう人がいるのかもしれません…。

意図的にブスを狙って声を掛ける男性もいますが、果たしてそれは誰が得をするのか…。(性欲が溜まって仕方ない時は分からないでもないが!)

 

「ブス」や「勘違い」などは関係なく本当にモテる女性について

ただ、結婚を前提に付き合うことを考えてアプローチされた女性は、本当に魅力的だと思います。

男性側が結婚まで考えていなかったとしても、性欲などは関係なしに「この人とずっと一緒にいたい」と思っていてもらえていたとすれば、本当にモテていると言えます。

しかも、そういった女性は「モテて困るのよね~」とか言わないはず(;^ω^)

尊敬できるかそうでないか

ブスでも「自分はモテる」と言っている女性は一定数存在し、性欲のためだけなら全然あり得ることですが、結婚相手や尊敬の対象としては全然相手にされていないことの方が多いと思います。(ここでは、ブスの性格面は除きます)

イケメンと付き合ったことがあると自慢しているブスも、結局はイケメンのいいように使われていただけか釣り合わなかったから別れただけのこと。

自慢するようなことではないと思っています…。

結局、相手から尊敬されていれば性の対象とだけ見られるなんてことは無いし、すぐに別れるなんてこともありません。

歳をとってもモテる女性とモテない女性の違い

本音を言うと、結婚相手であれば顔の好みや性格、尊敬できる人かというのは考えますが、遊び相手や付き合うだけの相手であれば、どれもそんなに気にしないものだと思います。(特に男性側は)

友達も彼女もいたことないので「お前が言うな」という感じですが…。

本当に最低限、生理的に受け付けてさえいれば、イケメンを除いてはそんなに相手を選ぶ男性はいないのかなという印象がありますが、偏見が過ぎているでしょうか(;^ω^)

少なくとも、現実として一定数そういった男性はいるはずなので、モテると勘違いしている女性がいるのだと思います。

結局は、人生において「何人と付き合った」とか「イケメンと付き合ったことがある」ということなんかよりも、「結婚して幸せになれるか」というところが重要だと思っています。

男性を上から目線で精査するブスな女性もいますが、男性にとっては数あるうちの一つというだけです。(もちろん、女性を上から目線で精査するブサイクな男性もいますが、この記事とは関係ないので置いておきます…)

また、おばさんになってモテなくなった人は、自分に性的魅力が無くなっただけで、若い頃は性的な目で男性に見られていただけということになると思います。

本当に魅力のある人は歳をとっても本気で男性から愛されるはず。

最後に

誰を美人と思うか、誰をブスと思うかは自由なのですが、明らかにモテる顔ではない女性がモテると言っていることに違和感を感じているのでこういった記事を書いてみました。

確かに、そういった人は嘘なんかついていないと思いますが、遊ばれているだけの人がいるのは事実としてあると思っています。

それをモテると勘違いしている女性はいつか気付く日が来て、別の魅力を磨ける時が来ればいいと思うのですが、まずは「お前が自分の魅力を磨け」という感じですよね、すみません。

余談ですが、AVなんかでも超ブスな女性が「可愛いね」「モテるでしょ」と持ち上げられているのなんかも見掛けますよね。

「まあ」とか「それなりに」とか答えやがった時なんかには画面の前で発狂したりしなかったり。

今回の記事は、人によっては不快に思った方もいるかもしれませんが、あまり力まずに一個人の現時点での一考えというか偏見とでも思って、一つの読み物として読んでもらえてたとしたら良かったなと思っています。

ちなみに、「お前が言うな」というコメントだけは確実にスルーしておきます(;^ω^)

自分が人のこととやかく言える立場ではないのは分かっていますが、書くだけ書かせて下さい…。

ツイッターでも様々なテーマについて語っているので、ぜひフォロー頂けると嬉しいです。
返信率99%です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です