いじめ

保健室の先生の対応が怖いので、保健室が行きにくい場所になっている話【嫌いな人は多いはず】

こんにちは、あきです。

僕は中学生と高校生の時に、保健室における最低なエピソードが1つずつあります。

僕が学生の頃の保健室の先生はほとんど怖い人だったので、保健室の先生には怖いイメージしか持っていませんし、保健室が行きにくい場所となっていました。

体調を崩しても保健室の先生が怖いので保健室に行きにくい上に、適切な処置を受けられないことがほとんどでした。

特に高校2年生の頃の出来事が原因で、それ以降保健室に行きにくい状態になってしまったことは確かです。

まさか、具合が悪いのに保健室の前で怒鳴られて泣くことになるとも思ってもいませんでした…。

他の学校にはそれぞれどのような保健室の先生がいるか分かりませんが、少なくとも僕が通っていた中学校と高校の保健室の先生の対応は最低かつ怖いものでした。

正直、保健室が行きにくいものとなってしまい、保健室の先生というものが嫌いになってしまった一人です。

ここでは、「保健室が行きにくい場所になっている」と思うようになった実際のエピソードを2つ挙げていきたいと思います。

簡単に言うと、実際に起きた保健室での以下の2つのエピソードについて書いていきます。

  • 中学生の頃、腹痛で保健室に行ったが中に入らせてもらえず、保健室前で説教をされた
  • 高校生の頃、持病である海綿状血管腫という奇病が痛み出して我慢できないほどだったので、「保健室で休ませてほしい」ということを伝えたら、保健室前で説教をされた

実際にあった衝撃的な出来事ですが、もう10年以上も前の話になるので正確には伝えられないかもしれませんが、大事なところは合っているはずです。

今後、ろくに保健室の仕事もせず怖い態度で生徒を威圧するような保健室の先生が少なくなることを願って書いていきます。

あき
あき
もう27歳なので、中学生の頃(14歳)の出来事は13年も前になるということですね(;^ω^)

僕が高校生の頃に、保健室の先生に怖い顔で説教をされるキッカケとなった奇病の症状は以下の記事で書いているので、良かったら併せて読んで頂けると嬉しいです。

【奇病】海綿状血管腫とはどんな病気なのか?実際に経験している僕が真実を話します【症状のまとめ】海綿状血管腫という奇病について知らない方の方が多いと思いますが、非常に厄介な病気です。 この記事では、海綿状血管腫とはどんな奇病なのかということについて、僕が抱えている症状をメインにまとめていきます。 海綿状血管腫とはどんな病気なのか気になる方はぜひ読んでみて下さい。...

 

保健室の先生の対応が怖いので、保健室が行きにくい場所になっている話【嫌いな人は多いはず】

僕が今まで出会ってきた保健室の先生は、とてもじゃないけど保健室に来るのを「病人」だと思っていない人が多い印象を受けました。

病人なのに保健室の中にすら入らせてもらえず、保健室の先生に怖い顔をして説教をされたら本当に保健室に行きにくい状態になってしまいます…。

保健室の先生の対応が怖い【中学時代のエピソード】

僕は小学生の頃から月に1~2度くらいの頻度でお腹がすごい激痛に襲われることがありました。

小学生の頃にも保健室の先生の中には怖い人もいたり、ネチネチと説教を受けて泣かされることもあったのですが、その頃の出来事はあまり覚えていないので中学生以降のエピソードを書いていきます。

中学2年生の頃に授業中か休み時間に急に腹痛に襲われたことがあって、お腹の痛みになんとか耐えながらそこそこ距離の離れている保健室まで行きました。

僕がいる1組の教室が一番端っこなのですが、保健室も反対側の一番端っこでした。

広い学校だったので、結構歩くことになります。

トントンとノックをし、ガラガラと保健室のドアを開けると、保健室の先生が不愛想な感じで怖い顔をして出てきました。

痛みでしゃべるのも結構辛い状態なのですが、保健室の先生に「腹痛なのでベッドで休ませてほしい」ということを伝えると、以下のようなことを言われてなかなか保健室に入れてもらえませんでした。

保健室の先生
保健室の先生
学校の決まりで1時間しか休ませられないことになってるのよ。ここ来たって1時間しかいられないのよ。1時間で治るの?治らないでしょ。
保健室の先生
保健室の先生
どうすんの?1時間じゃ無理なんだから帰るしかないでしょ。

保健室の先生は本当に性格がキツイ人が多くて怖い…。

歩いて帰ることさえ辛いくらいお腹が痛いのに、なぜ立ったまま保健室前で説教をされ続けているのか…。

あき
あき
(とりあえず横にならないとヤバイ…)

僕は昔から泣き虫だったし、怖い顔をして理不尽にすごい勢いで怒られ始めたので、泣いてしまいました。

あき
あき
(お腹も痛くてとにかく必死だったし…)

すると、保健室の先生は「もう話にならないから」と呆れた感じで僕の担任の先生を呼びに行きました。

ちなみに、保健室の奥の方では、僕に何度か危害を加えてきたことがあるいじめっ子のT村幸弘君が、保健室の中の鏡の前で優雅に髪型を整えていました。

メチャクチャ元気そうな様子で、特にけがをしているというわけでもなさそうでした。

その子に対して保健室の先生は、「もうチャイム鳴ったけど教室戻らなくていいの?」と愛人にでも話すような感じで話していました。

保健室の先生は僕に見せていた怖い態度とは裏腹に、いじめっ子のT村幸弘君には下心でもあるのかメスの顔をしていました。

その一方で、僕は一向に保健室の中には入れてもらえず、お腹が激痛の状態のまま保健室の前で待たされていました。

あき
あき
(座ることすら許されない状態…)

担任の先生が来て、「大丈夫か?」と心配してくれて、なぜか担任の先生が来たら保健室の中のソファーで少しの間だけ渋々休ませてくれることになり、担任の先生は保健室の先生と僕の両方に気を使いながら接している様子でした。

保健室のベッドは2つほどありどちらも空いていたのですが、一切使わせてもらえませんでした。

「ここでちょっと休んで良くならなかったら家に帰った方がいいな。1時間しか休めないからな。」と担任の先生に言われ、1時間も休ませてもらえなかったのですが、結局調子は良くならなかったので、家に帰ることになりました。

それ以降、僕は学校(中学)で体調を崩しても保健室に行けなくなってしまいました。

昔から体調を崩しやすいタイプなのですが、保健室に行かずそのまま耐えるか、直接担任の先生に早退を告げて帰るかのどちらかになりました。

こんなエピソードがあったということを最近まで両親にも友達にも言えませんでした。

あき
あき
そもそも、友達という友達がいない…

今思うと、僕が学生時代に本当の友達というものがいたとは思えないのですが、僕は昔から友達によくバカにされていたり、こういった類の悩みを相談しても「お前が弱そうに見えるからだろ」としか言われないのでなかなか相談できずにいました。

両親は僕が中学生、高校生の頃は特に厳しく、「どうして朝早く起きれないんだ」「ちゃんと勉強しろ」「こんな点数じゃまともな高校に入れないぞ」と定番のことはもちろん、毎日何かしら怒られていて、僕の話はまともに聞いてもらった記憶がほとんどないので、相談できませんでした。

あき
あき
今ではよく話を聞いてくれます

「保健室の先生が怖い、嫌い」という人の気持ちは痛いほどよく分かりますし、以上のようなエピソードからも、保健室が非常に行きにくい場所になっていると思います。

高校時代にも怖い保健室の先生にこれ以上の酷い仕打ちを受けたので、以下にそのエピソードを書いていきます。

保健室の先生の対応がさらに怖い【高校時代のエピソード】

僕は生まれつき、「海綿状血管腫」という超マイナーな病気を持っています。

あき
あき
最近は病名が変わってるみたいだけど

この病気がなかなか理解されないことや、保健室の先生の対応が最低だったこともあり、高校生の頃にもかなり屈辱的なエピソードがありました。

中学時代に引き続き、高校生になってからも保健室の先生に休ませてもらえず説教を受けたので、その頃には完全に保健室の先生が怖くて行きにくくなってしまいました。

海綿状血管腫がどんな病気かということを知ってもらった方が、この話が少し読みやすくなると思って別の記事として書きましたので、先に読んで頂けると分かりやすいかと思います。

【奇病】海綿状血管腫とはどんな病気なのか?実際に経験している僕が真実を話します【症状のまとめ】海綿状血管腫という奇病について知らない方の方が多いと思いますが、非常に厄介な病気です。 この記事では、海綿状血管腫とはどんな奇病なのかということについて、僕が抱えている症状をメインにまとめていきます。 海綿状血管腫とはどんな病気なのか気になる方はぜひ読んでみて下さい。...

ここから、保健室が行きにくい場所になってしまった高校生の頃のエピソードについて書いていきます。

僕が高校2年生だったある日、休み時間に右の脇腹にある海綿状血管腫(持病)が急に痛くなってしまいました。

休み時間で良かったです。

授業中だとしたら、その授業をしている先生に何と説明すれば良いか分からなかったと思うので…。

正確には右の脇腹と胸の間らへんに丸くて小さくコリッとしたものが皮膚の下辺りにあり、小さくて海綿状血管腫そのものは悪性ではないのですが、痛みは強烈で、一気に激痛に襲われてしまいました。

激痛であっても、貧血やケガ、風邪などのように見えやすい症状が出るものでは無いので、誰にも心配されることなく一人でひっそりと保健室へ行きました。

友達もいないしな

中学生の時と同様、クラスは1組だったので、なんとか痛みに耐えながら一番端っこの保健室までたどり着きました。

あき
あき
高校時代もまた、教室から保健室まで端と端…。既に保健室に行きにくい…。

小学生から高校生までの12年間のうち、11回もクラスは1組でした。つまり保健室や職員室から一番遠かったです。

ドアをノックし、クラス・番号・名前を言い(たぶん言ったと思います)、事情を説明しました。

厳しい高校だったので、職員室に入るときは大声でクラス・番号・名前を言わなければいけませんでした。保健室では大声で言う必要はありませんが(;^ω^)

ここから、保健室での会話を覚えている限り再現していきます。(厳密には、中学生の時と同様、ブロックされて保健室の中には入れてもらえていない状態です。)

あき
あき
すみません、具合が悪くて…。海綿状血管腫という持病で、それ自体が痛くなるというわけではないんですけど、それが体内で急に腫れてきて周りを圧迫してすごく痛くなってるという状態なんですけど、休ませて頂けませんか?
保健室の先生
保健室の先生
そんなの知らないわよ。ここで休んだって治らないんじゃないの?治らないでしょ?
あき
あき
でも、本当に痛くて座ってるだけでも辛い状態なので、休ませて頂けませんか?
保健室の先生
保健室の先生
だから、そういうのはここに来たって治らないでしょ。帰りなさいよ!

こちらは痛みを訴えながらも、まだ何かと保健室の前で説教をされていましたが、そのうち痛みと説教で僕は泣いてしまいました。

保健室前で泣くということがあったため、怖い保健室の先生はさらにヒステリックになっていきました。

保健室の先生
保健室の先生
もう、話にならないから担任の先生呼んできますよ!先生誰?
あき
あき
〇〇先生です。

しばらくしてから、担任の先生が来て心配そうに「大丈夫か?」と言ってきました。

保健室の先生は相変わらず呆れた様子で僕のことを見ていました。

保健室の先生が担任の先生に話をし(僕がどういう理由で保健室に来たか。保健室では休ませられない。)、担任の先生が「じゃあ、病院に行った方がいいな。一人で行けるか?」と言われたので、「はい」と答え、「バスだと辛いからタクシー呼んだ方がいいよな」と言われ、お金を貸してくださいました。(もちろん、翌日か翌々日にしっかり返しました。)

タクシーが到着したら、担任の先生と保健室の先生が玄関まで見送りに来てくださり、タクシーに乗り込みました。

担任の先生がお金を取りに行っている間に、保健室の先生が僕に向かって、

保健室の先生
保健室の先生
私が悪いんですか?じゃあ謝りますよ!ごめんなさい。

と言ったのを今でも覚えています。

文章だけではこの保健室の先生の性格の悪さと怖さは100%伝わらないかもしれませんが、かなりヤバい人だと思いました。

表情と言い方がとにかくヤバイ胸糞悪い…。

感情的になるところも含めて、今までの保健室の先生で一番怖いかも…。(保健室の先生自体、すぐヒステリックになる印象が強い。)

母には連絡した(もしくは担任の先生にしてもらった?)ので、その後、いつも診察してもらっている大学病院で待ち合わせをしました。

そして、母から病院側にも連絡をしてもらっていたので、救急で診てもらうことができました。

しかし、海綿状血管腫は手術して取り除く以外に方法は無いので、その時はロキソニン(痛み止め)をもらうことしかできませんでした。

今では注射をして薬を入れ、海綿状血管腫を多少小さくできる方法もありますが、当時は皮膚を切って取り除くという方法しかありませんでしたし、応急処置のようなものは今でもないと思います。

痛くなったら、痛み止めに頼る以外ないです。

このことがきっかけで、手術に向けてだんだん話が進んでいき、高校2年生の冬休みぐらいに手術をしました。

傷口はありますが、今ではその部分は特に異常はありません。

あき
あき
心の傷口は塞がってないけどな

保健室の先生が怖いし、メチャクチャ行きにくいと思っていたので、それ以降僕が保健室に行くことはありませんでした。

病人には冷静な態度で適切な処置をし、最低限保健室の先生としての仕事をしてほしいものです。

 

保健室の先生が怖くて行きにくいという人は意外といる?

ネットのどの記事で見かけたかは覚えていませんが、保健室の先生が嫌いだという人も少なからずいるようです。

あき
あき
この記事を書くにあたって、他にも保健室で似たような体験をした人がいないか色々と探してみましたが、リンクをメモするの忘れてしまいました

熱があって保健室に行っても休ませてもらえなかったり、嫌なことを言われたり、けがをして血が流れている状態でも追い返されたりする人もいるみたいです。

「あなたのケガは大したことないんだからいちいち保健室に来ないの!」とか言われた人もいるそうです。

そういった対応をされたら保健室の先生が嫌いになってしまうのも当然ですね…。

下記のものはYahoo!知恵袋で見つけたものですが、メチャクチャ共感してしてしまいました。

引用元:

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387974888

あき
あき
あ、頭イカレてんな…。ちゃんと仕事しろよ。

めんどくさそうに近づいてきて、ため息ついたあと「まず、クラスと名前でしょ?」とキレられ怒鳴られ5分くらい説教されました。

僕が中学生と高校生の時の保健室の先生も、めんどくさそうに近づいてきてため息をついていました。

僕はクラスと名前は言っていたのでその点では説教されませんでしたが、小学生の頃は言われたことがあったと思います。

説教するだけして追い返そうとするのは「保健室あるあるなのか?」と思ってしまうくらい、こういった事例って意外と少なくないみたいです。

そんな保健室の先生の対応は怖いしどうかと思います。

被害に遭った人たちは当然、保健室の先生を嫌いになりますし、今後行きにくいですよね。

他の学校の保健室がどのような対応をするのかはわかりませんが、少なくとも僕が通っていた中学校と高校の保健室の先生の対応は酷いものでした。

保健室の先生が優しくて嫌いじゃないという人もいると思いますが、少なくとも僕は嫌いだし行きにくいです。(高校1年生の頃の保健室の先生は多少優しかった気がしますが)

こういった保健室の先生は、病人やけが人という、弱った人たちが来るということを分かっていないんでしょうかね?

 

保健室が行きにくい場所になったら意味が無い

体調を崩したりケガをして保健室に行きたいのに、すぐに追い返されてしまったら今後保健室に行きにくいですし、病人やけが人を適切に処置するべき保健室として機能しているとは言えなくなってしまいます。

あき
あき
ましてや、立たされたまま説教を受けるのはキツすぎる…

中学生・高校生の頃に保健室に行って休ませてくれないどころか、具合が悪くて保健室に来て立っているだけでも辛いのに、ずっと怒鳴られた挙句、追い返されたことによって保健室へ行くことが怖くなってしまいましたし、実際に保健室に行かなくなってしまいました。

中学生と高校生の頃の保健室の先生は本当に怖いと思いました。

両者ともドアをノックして中へ入ろうとするなり、保健室の中へ入れようとせず、「休んでも意味ないでしょ!」と言って追い返そうとするわ説教が始まるわで、病人なのに余計に弱ってしまいます。

あき
あき
中へ入ると言っても、ぎりぎりドアの内側に入るだけですよ。それさえも必死に阻止しようとしてきますからね(;^ω^)

保健室の先生はストレスが溜まってるんでしょうかね。(もちろん保健室の先生全員では無いので、一括りにするべきではありませんが…)

可哀そうな人間だな

だからと言って病人に当たられても困るし、こっちの方がストレスが溜まってしまいます。

そんな状態だからか分かりませんが、常に保健室の中には病人やけが人がいる様子がありませんでした。

みんな健康なんだな

保健室が行きにくい場所になっているために、処置を受けるべき人たちが適切な処置を受けられないことは非常に問題だと思いますし、税金泥棒ですね。

果たしてその当時の保健室の先生たちはどんな仕事をしていたのでしょうか…。

 

保健室に行きにくい決定的な理由はこれかも

僕が今まで出会ってきた保健室の先生の多くは、とにかく保健室で休ませようとせずこちらの話もろくに聞かず早退をさせようとしてきました。

「ここ来ても意味ないから担任の先生に言って早退しなさい」と。

あき
あき
なぜ症状も分からずに「来ても意味が無い」と決めつけることができるのか?( ̄▽ ̄;)

保健室に行っても毎回追い出されて早退を強要されたら、保健室に行きにくいどころの問題じゃなくなりますよね…。

小学校の頃の保健室の先生は、「1時間休んでも治らなかったら早退するか、多少我慢してでも授業を受けるか」ということ提案してくれましたが、中学・高校の保健室の先生は最初から早退を押し付けてきてろくに話も聞いてもらえませんでした。

体調が悪いし怖いしで、僕が中学生の時も高校生の時も保健室の前で泣いてしまいました。

激痛で体が辛いのに、精神的にも追い込まれ、泣くまで説教されたという感じです。

保健室の先生が生徒を泣くまで理不尽に説教する保健室に、果たして意味はあるのでしょうか?

腹痛で保健室に行って、1時間しか休ませてもらえないというのは分からなくもないのですが、まさか中学生・高校生になって「1時間休んだくらいじゃ治らないんだから帰りなさい!」「来ても意味無いでしょ!」と怒鳴られるとは思っていませんでした。

別にずる休みしに保健室に行ったわけではないのだから、もう少し適切な対応をしてほしいところです。

そう「適切な対応」を…。

あき
あき
それができないなら仕事すんな給料泥棒!
ツイッターでも様々なテーマについて語っているので、ぜひフォロー頂けると嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です