あき-こころのブログ
片付け

部屋がごちゃごちゃしてイライラしている方へ【シンプルに暮らす方法】

こんにちは、あきです。

ごちゃごちゃした部屋にうんざりしている人は多いと思います。

片付け始めてみたものの片付け方が分からなくて苦戦したり、中々物が捨てられなくて困ったり、片付け代行に頼りたいと思ってしまう人も少なくないと思います。

まさに、何度も大片付けを決意しては挫折していた過去の僕です。

部屋がごちゃごちゃしていて、片づけを始めてるとさらにごちゃごちゃになってしまい、イライラしてしまうと思います。

ここでは、部屋を綺麗に片付けてごちゃごちゃした部屋から脱出する方法について解説していきます。

以前の記事で自分の部屋を公開しましたが、僕の部屋はそんなにごちゃごちゃしていないので、ごちゃごちゃしない部屋にし、綺麗に保つための基本的な方法について最低限のことはお伝えできるかなと思っています。

27歳引きこもりニートのリアルな部屋の写真&怠け者の片付け法を公開こんにちは、あきです。 僕は社会不安障害(対人恐怖症)という病気のため、23、24歳くらいから実家で家族と一緒に暮らし、2週間に一...

 

スポンサーリンク

部屋がごちゃごちゃしてイライラしている方へ【シンプルに暮らす方法】

物はある程度溜まってきたら、減らしていった方がいいです。

物がたくさんあっても困らないかもしれませんが、それは自分が意識している範囲(顕在意識の領域)だけでの話であり、潜在意識では「邪魔だな」「もっと綺麗でスッキリとした部屋で暮らしたい」と思っているはずです。

潜在意識だけではなく、顕在意識で「部屋がごちゃごちゃしていてなんかイライラする…」と思っていれば、絶対に物は減らしていくべきです。

ごちゃごちゃした部屋を改善するには、「物を捨てること」から始まる

多くの人が「分かっているけど中々実行に移せないこと」かもしれませんが、部屋を片付けるためには、まず「物を捨てる」ことが欠かせません。

そこから整理整頓・収納が始まるのですが、物をしっかり捨てればほとんど物を収納する時間は掛かりません。

「しっかり捨てる」というのは、「自分が本当に好きな物、必要としている物以外を捨てること」だと認識しています。

そうすることで、今までの雰囲気とはガラッと変わると思います。

物を捨てるだけ捨ててから、収納のことを考えていきます。

しかし、実際に断捨離を何度も経験してスッキリと片付いた部屋にした僕ですが、物を必要な分まで減らしてしまえば、収納なんてほぼほぼ無いです。

むしろ、それ(収納する必要がなくなるまで)を目指して断捨離をしてもいいと思います。

物が捨てられないという方へ【物を捨てる基準】

「物を中々捨てられない」という人に、僕が提案できることを書いていきたいと思います。

まずは、最も重要だと思うポイントについて、以下に箇条書きにして載せておきます。

  • 使えなくなった物は捨てる
  • 何年も使っていない物は捨てる
  • 好きじゃない、必要でもない物は捨てる
  • 予備は持たない
  • 一つ一つの物をしっかり使い切ってから新しい物を買う

機能を果たさなくなった物はもちろん捨てなければいけません。

所持していること自体に意味は無いので。

何年も使っていない物も同じです。

今後も使うことはありませんし、持っていることになんの意味もありません。

不要な物を持つよりも、不要な物を全て捨ててスッキリとした空間でゆったりと過ごす方が断然いいです。

また、予備も持つ必要もありません。

むしろ持たない方が不安が少なくなります。

「あれもこれも」という状態だとキリが無いですし、予備を考えれば考えるほど不安は大きくなっていくものです。

僕自身にもそういった経験は色々とあるのですが、一番印象に残ったことと言えば、僕が20歳くらいの時にビジネス(メルマガを発行してそこに胡散臭い広告を載せるというなんの生産性も無いビジネス)で最高月収40万円を稼いだことがあるのですが、その時が一番、将来への不安や収入の心配が大きかったです。

あき
あき
本当にその時が人生で一番、お金の不安が大きかったんですよ!

普通に考えると、貯金や収入が十分にあればあるほど将来への不安が少なくなると思いがちですが、これが不思議なもので、「持てば持つほど不安は高まる」ものです。

僕の抱えている「社会不安障害(対人恐怖症)」という病気でも同じことが言えるのですが、「備えれば備えるほど不安が強くなる」とも言えます。

「持たない」ことの方が意外と不安から逃れることができます。

僕は書類や取扱説明書は全捨てしましたが、これも不思議なことで、困ったことが一度もありません。

 

部屋をシンプルかつ綺麗に片付けるために具体的な方法について

ここから先は、もう少し深掘りしていきたいと思います。

部屋をシンプルにするためには、ケース類は最小限に

本棚や衣装ケース、収納ケース類などの最小限にする必要があります。

収納ケースがあればあるほど便利かもしれませんし、部屋を整理整頓するために必要なものだと思うかもしれませんが、ストレスがなくゆとりのある空間を作っていくためには、最小限にしないと無駄にスペースを取られてしまいます。

僕は実際に、下の画像にある衣装ケース1個しか持っていませんが、全然困りません。

ちなみに、机の引き出しは一切使っていません。

 

あき
あき
引き出しを開け閉めするのがめんどくさいし、意外と無駄な小物が溜まりがち…

収納ケースを買っても何も解決されない

収納スペースが多ければ多いほど、無駄な物を溜めがちです。

これも僕自身の経験によるものですが、僕は高校生の頃に「収納ケースがあればこの汚部屋も片付くのに」とよく思っていました。

しかし今思ってみると、収納は十分足りていました。

今の方が収納スペースがほとんど無いのに、「十分足りてる」と思っていて、本当に足りてしまっています。

これも予備を持つことと同じく、「収納スペースがあればあるほど、収納への不安や不満が増してくる」と言えると思います。

僕の場合、100均などで売っている細かい収納ケース類はほとんど捨てました。

断捨離をする際に、すぐに捨てられるケース類は最初にほとんど捨ててしまい、自分を追い込みました。

収納ケースが多くてごちゃごちゃしていると、物を出し入れするときや歩く度にストレスになってしまいます。

あき
あき
角に足の小指とかぶつけると痛いし

収納ケースが多くなって部屋を占領すると、部屋そのものが狭くなるようなものです。

物が多くてごちゃごちゃした8畳の部屋で暮らすよりも、綺麗な6畳の部屋の方が断然いいはず。

貰ったものを捨てられないという方へ【全捨てでOK】

お土産のキーホルダーなど、もらい物を処分できないという人は多いと思います。

自分も小学生や中学生の頃にもらったキーホルダーなどを中々捨てられずに、「邪魔だな…」と思いながらも机の引き出しにずっと閉まっていました。

しかし、お土産やプレゼントは「受け取る瞬間」に意味があるわけで、受け取ったあとは自分がいらないと思えばずっと取っておく必要はありません。

それに、普通の人だったら自分があげた物を相手に必ず持っていてほしいなんてことをわざわざ思っていないし、相手に対して「自分がわざわざ買ってあげたものなんだから」と押し付けるような人の物はいちいち持っておく必要は無いと思います。

あき
あき
そういった人も断捨離して構わないかも

なので、今の自分が「欲しくない」「必要ない」と判断したなら、堂々と捨てていいと思います。

 

スポンサーリンク

部屋がごちゃごちゃしてイライラしてしまうのは、「将来への不安がある」から

「いつか使うかもしれない」という不安が物を溜めてしまいます。

実際に多くの物を捨ててみて思ったのですが、「いつか使う」と思っていたたくさんの物(書類の山や本、雑貨など)を全く思い出すことができません。

あった方がいいと思っていたものは、ほぼ全て無くても良いものでした。

物を所有することに意味は無く、中身を自分に取り入れることに意味がある

最近は映画やドラマであればレンタルがありますし、月額制のものもあるので、今の時代にビデオやDVDを所有する必要はありません。

これも、本来は所有することに意味は無いものです。

中身が観れれば、本来の目的を果たせてしまいます。

本であれば積ん読(つんどく)していたり何年も読んでいないものは捨てて、よっぽどの本好きでもなければ、全て電子書籍にしても問題ないと思います。

これも、所有することより「中身をどれだけ取り入れることができるか」の方が大事です。

優先順位を履き違えてはいけません。

中の情報を得ることが本来の目的です。

そのことが腑に落ちるまで何度も書籍を読み返したり、オーディオブックを聞き込んだり、片づけを繰り返していくことが大切かなと思います。

あき
あき
やっぱり、繰り返して自分のものにしていくことが大切

部屋を綺麗にし、シンプルな暮らしをしていくためには「将来への不安」を無くしていくしかない

これこそ僕が言えるような立場ではないのですが、ごちゃごちゃした部屋を改善し、綺麗な部屋でシンプルに暮らしていくためには、将来の不安とキッパリ縁を切ることです。

物を溜め込む人は優しい人が多く、「これ、誰々のために使えるかも」とか「誰々が欲しがりそうかも」といって物を取っておくことが多いように思います。

それに対して、冷淡な人は「今の自分」だけが満足していればいいので、今の自分に必要のない物以外はあっさりと捨ててしまいます。

決して「そうなれ!」と言いたいわけではないのですが、あくまでの一番大切なのは「過去の自分」でもなく、「未来の自分」でもなく、「他人」でもなく、「今の自分」です。

なので、今の自分にとって大切な物を自信を持って所有することが大切になります。

今の自分にとって必要な物を所有し、その一つ一つの物をしっかり使っていけば、「将来への不安を漠然と持って物を溜め込む」よりも、将来の自分のためになると思います。

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です